食育で活躍している地域の皆さんが作ったレシピを紹介します。

昔ながらのがんづき

 がんづきは、皆さんご存知のとおり、岩手の郷土料理のひとつです。今回紹介するのは、卵も牛乳も入らない昔ながらのがんづきなので、もっちりとしていて食べごたえがあります。



へっちょこだんご

 人間のへそに似ていることから名付けられたもの。寒い冬にぴったりの、体が温まる料理です。



がんづき

 農作業の合間に食べる小昼やおやつとして、昔から親しまれてきたお菓子です。丸いがんづきにゴマを振りかけた見た目が、満月を背景に飛ぶ雁(ガン)の群れに似ている、雁(ガン)の肉に食感が似ているなど、名前の由来は様々あるようです。


きりせんしょ

昔からきりせんしょは行事食として、ひなまつりや仏様に供えられました。また、農作業の小昼、おやつとしても親しまれ、その家々の味があって作り方も様々です。きりせんしょのほかに、雛まんじゅうや大福などの米粉を使った料理があります。


ひなまんじゅう

ひなまんじゅうは、おひなさまにお供えする「ひな菓子」の一つで「花まんじゅう」「花だんご」とも言われます。今では手作りしているご家庭は少なくなりましたが、岩手の郷土料理でもあります。


全5件中 1~5件を表示