町の食育について、次のように定義します。

「食は生命の源、食に関する様々な知識習得と経験を通じ、健全な食生活が実現できる実践力や選択する力を身に付けて、生きる力を育むこと」

町民一人ひとりが、生涯をとおして身心ともに健全な生活を実現することができるようにします。

    • 食について意識を高めます
    • 自然の恩恵や食に関わる人々への感謝の念と理解を深めます
    • 食に関する正しい情報を得て適切な判断力を身に付けます
    • 望ましい食生活で健康な暮らしを実践します

 

食育基本法(平成17年7月15日施行)では、食育について、生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基本となるべきものと位置付けるとともに、さまざまな経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることとしています。