クリックで拡大

今日の献立

 麦ごはん
 牛乳
 にらのスープ
 春巻き
 中華ソテー

紫波町産食材

 米
 

ひとくちメモ

 中華料理によく出てくる「にら」は、薬草として古くから利用されてきました。栄養価の高い野菜のひとつで、独特の強い香りがあります。この香りには殺菌効果や消化吸収を助ける働きがあります。また、体内で食べ物がエネルギーになるのを助けるビタミンBの吸収を高める働きもあるので、ビタミンBを多く含むレバーや豚肉と組み合わせて食べると体内で効果的に働きます。レバニラ炒めなどはその代表的な料理です。